ハワイ島 パワースポット マウナラニベイホテルの池は夜明け前に!

今回、わたしたちが宿泊したマウナラニベイホテルは、地中海のロードス島、アリゾナのセドナ、と並び世界の3大パワースポットのひとつと呼ばれています。

マウナラニベイホテルは、カメハメハが王になる前に支配していた領地で、魚の養殖池(フィッシュポンド)、古代ハワイ人が住んでいたといわれる洞窟、ペトログリフ(岩盤彫刻画)などがあり、古代の文化とマナに触れられる場所。

スポンサーリンク

なぜ世界的なパワースポットなのか?

なぜ、マウナラニベイホテルが地中海のロードス島、アリゾナのセドナと並ぶ世界的なパワースポットなのかといえば、

ビーチで海に向かって立ったあと、時計回りでぐるりと見える山々。

はじめに「コハラ・マウンテン」、次に4,000mを越す「マウナケア(白い山)」。

コハラマウンテン

その次にキラウエア火山を含む「マウナロア(長い山)」、そして「フアラライ(恥ずかしがりやの山)」。

パワースポットハワイ島

さらに海の右側向こうのマウイ島の「ハレアカラ(太陽の家)」。

こんなふうに、5つの火山に囲まれたほぼ中心に、マウナラニベイホテルは位置しているからです。

昔から山とエネルギーとの関係は密接で、日本でも山脈の走るところは、「気が多く集まるパワースポット」と言われている場所が多いのですが、このハワイ島は特に、現在でも活動し続けている現役の火山の島。

これら火山からのパワーが集まっているため、そのパワーは強烈。

そんなことから、この一帯は古代から「マナ(魂)が宿る場所」「神聖な場所」として大切にされてきました。

特にオススメなのは養殖池(フィッシュポンド)

その中でも特にパワーが強いといわれているのが、「フィッシュポンド」と呼ばれる魚の養殖池。

先日、参加した「ハワイ島一周パワースポット大巡礼の旅」の地元に長年住んでいるガイドさんも、

「フィッシュポンドは癒されますよ〜。特に、夜明け前の静かな時間が素晴らしい!」と太鼓判。

池、パワースポットハワイ島

写真は、朝のフィッシュポンド。

朝日が池に光を投げかけて、水面がキラキラと輝いていて、本当に美しくて幻想的〜。

ところどころにベンチが設置してあるので、お散歩をしながら、ゆっくりと朝の光とエネルギーを感じてみると、とても清々しい気分になれます。

ゆっくりと池の前で深呼吸をして、歩いて行くと、古代ハワイ人が住んでいたという洞窟に出会います。

洞窟

洞窟の前には、「ここで生活していたんだよ」的な説明の看板。(英語、読めません)

看板

洞窟は、思ったよりも洞窟は平べったく、狭く感じました。

そうそう、ホテルにチェックインする際に日本語の話せるスタッフさんから、「オーラが見られる洞窟がある」ということをお聞きしたのですが、…これ…なのかな?

確か、洞窟での写真は、みんな立ったままで写っていたから、やっぱりここじゃないのかな?

少し洞窟の中に入ってみると、こんな感じ。

洞窟の中

むこうの穴から光が入ってきています。

でも、ちょっと暗くて怖い。

このひとつの洞窟に、何人くらいが入って生活をしたのかしら?

※この時はスルーしてしまいましたが、実はここがオーラの撮影できるパワースポットだったんです!

オーラが見える洞窟で撮影成功!の記事

さらに散歩を続けると、今度は「ラバチューブ」という看板が。

ラバチューブ

この溶岩洞窟は、半分が埋まっていて、今にも崩れないかしら?という感じで、ちらりと見ただけで通り過ぎました。

さらに溶岩だらけの道を歩くも、オーラが見えそうな立って入れるくらいの「大きめの洞窟」はなさそうでした。

溶岩散歩

一体、どこにあったんだろ?(まったくわかりませんでした)

もう一度学習してから、また来よう。

あ、ペトログリフ(岩盤彫刻画)も見ることができなかったので、それも見たい!

それにしても、マウナラニベイホテルの敷地は広くて広くて、全然、朝散歩くらいじゃ見切れませんでした。(侮ってた)

敷地内のパワースポットを回った後は、ビーチのハンモックでお昼寝〜♪

マウナラニベイのパワースポット

敷地全体がパワースポットだから、どこにいても本当に心地がよい。

枕が変わると眠れなくなってしまう、わたしなのですが、このホテルでは、1日目の夜からぐっすりと眠れました。

そして、夜だけでなく、ビーチでもぐっすりとお昼寝できます(笑)。

そよそよと風に揺られながら、あ〜、気持ちいい〜♪

◼︎旅行記のつづきはこちら
ハワイ島 パワースポットツアーに参加しました!

ザショップスアットマウナラニで食べて食料調達してフラショーを観る

◼︎オーラの見える洞窟をついに体験できた!
ハワイ島 オーラが見える洞窟を体験!リベンジ成功!

スポンサーリンク

こちらも参考になります