マウナラニベイホテル カヌーハウスで夕陽とディナーを楽しみました

マウナラニベイホテルのレストランと言えば「カヌーハウス」。

以前、マウナラニベイホテルに宿泊したことがある友人に、「あそこは是非行ってみるべき!」と言われ、ホテル到着早々に予約を入れました。

なんでも、このカヌーハウス、ハワイ島でも美味しいと評判のレストランで、宿泊客だけでなく、島じゅうからお客様が来るので予約がいっぱいなのだそう。

スポンサーリンク

カヌーハウスで夕陽を眺めながらのディナー

18時、ちょうど夕陽が落ち始める時間に予約を入れました。

期待に胸を膨らませて、「ビーチサンダル厳禁」ということで、海で遊んで一度お部屋に戻ってシャワーを浴びて着替えてからカヌーハウスへ。

運良く、海がよく見える屋外のテーブルに案内されました。

メニューリスト

18時になると、どこかでホラ貝を吹く音が…。

(写真の)目の前のカップルのテーブルのふたりの間に、たいまつを持ち、上半身裸でホラ貝を吹く人の姿が!!!

カヌーハウス

ここでホラ貝を吹いていたのか!

ホラ貝を吹いた後、たいまつの火をホテルじゅう走り、トーチに点火していました。

ああ、それにしても絵になる夕陽。

夕陽

これぞ南国リゾート。

南国リゾートのマジックなのか?

それとも、ただ座っているだけで絵になってしまう外国のかたがフレームに入っているせいなのか?

もう別世界。

いつも自分の家から眺める夕陽よりも、何十倍も「美しい」って思えてしまう。

「この夕陽を体験するのとしないのとでは、もしや人生は大きく違うのでは?」とすら、思わせてしまうくらいの美しさなのだ。

まずは憧れのハワイ島到着&マウナラニベイホテル宿泊できる幸せに乾杯。

乾杯

お料理はアラカルトで注文。

「オノポノ」というハワイ産アワビの味噌焼。

オノポノ

一口食べた途端、お口の中にやさしい味がひろがる。

「うわぁ〜、ものすごく美味しい!!」

この味付けは結構好みかも!(味噌だから?)

夕陽も沈み、あたりは、さらにムーディーに。

マウナラニベイホテルのカヌーハウスで

屋外で食事をするって、本当に気持ちいいんだなぁと実感。

お料理のほうは「農家の野菜のストロベリーソース」。

ストロベリー

お野菜にイチゴやナッツがたっぷり。

ストロベリーソース、はじめて食べたけど、思ったよりさっぱりとしていてお野菜に合う合う。

空を見上げると月が出ていました。

月

風がとても心地いい。

次のお料理は「禁断のリゾット」とネーミングされたもの。

禁断のリゾット

う〜ん。暗すぎてiPhoneカメラではうまく写りません。

何が「禁断」なのだろう?とメニューを見てみると…。

アーボリオライスのクリームリゾット マッシュルームと禁断のライス(黒米)添え
地元産シェーブルチーズ、かぼちゃ、アスパラガス、バジルと共に

禁断は、ライス(黒米)のことのようです。

黒米が「禁断のライス」と言われるようになったのは、古代中国で皇帝が支配していた時代、この米を食べられるのは皇帝だけだったことが起源のようです。

「不老長寿の米」とも言われているようです。

料理が終わると、チョコレートが運ばれてきました。

マカダミアナッツ

マカダミアナッツのチョコレートがハワイっぽい。

オーダーしたお料理をすべていただいたのですが、もう少し甘いものが欲しくなって、デザートを追加。

もち

ふぅ、もう写真では何が写っているか?わからないですね(汗)。

ココナッツモチのストロベリーのアイスクリーム添えです。

この「モチ」というのは、ハワイでは定番のデザートなのでしょうか?

スーパーにも「パンプキンモチ」とか、「モチアイス」という日本の「雪見だいふく」的なものもありました。

モチモチした食感でなかなか美味しいです。

地元でも「ハワイ島一」と、かなり人気のレストランというだけあり、本当にたくさんの人がレストランの前で待っていました。(予約制なのに)

このレストランで食事をすることがどれだけ楽しいか、期待しているか、がわかるようでした。

かと言って、敷居が高いわけではなく、たとえばワイキキのハレクラニの「ラ・メール」よりも、服装も気取らず、ずっとカジュアル。

男性は襟付きシャツと靴下履いていればスニーカーでもいいみたいだし、女性も、ワンピースならまったく大丈夫なのではないかと。

それでいて、夕焼けを眺めながらディナーを楽しめるし、ムードもある。

お料理のお味も美味しいので、とてもリラックスして時間を過ごせました。

また、是非機会があれば訪れたいレストランです。

◼︎旅行記のつづきはこちら
マウナラニベイホテルの朝食バイキングで爽やかな気分に

スポンサーリンク

こちらも参考になります